ブログ

2015年11月08日

法政大学文化祭 スペイン語研究会の皆さん

遅くなりましたが
先日の4日連続イベント出演、おかげさまで無事終えることが出来ました。
高円寺フェス、法政大学文化祭2日間、狭山市文化祭。
足を運んでくださった皆様、関係者の皆様、心からありがとうございました。


今回は法政大学文化祭のお話をさせてください
主催のスペイン語研究会、我らが『ジャマキート』ことじゃまきさんが長きに渡り講師を務められております。
今年は1年生だけで30数名、全部で80名ぐらいいらっしゃるとか。
すごい!
昨年に続き今年も参加させて頂き嬉しい限りです。
おかげさまで素晴らしい方々との共演に恵まれ
幸せなひとときを過ごせました。
そして今年は2日間連続で参加。
2日間で学生の部を含め約1時間半のショーを4回。
じゃまきさんの重労働、タフさ、やさしさ、学生さん達の準備の積み重ねを目の当たりにしました。


お世話になったスペイン語研究会の皆さんに直接感謝の気持ちをお伝え出来なかったので
この場を借りて書きます。


朝から数々の美味しい手料理を楽屋に準備してくれ
朝一番に楽屋入りする時も
楽屋から少々離れたステージ間を移動する時も
常に欠かさず誘導とお迎えをしてくれ
さらにホワイトボードにタイムスケジュールも親切に書き込んでくれ
ステージには常に新しいお水を用意してくれ
ステージ横にも常に飲み物やお菓子を用意してくれ
交流会も設けてくれ
他にもいろいろ
隅々に渡る準備、気配りとお心遣いに、終始感動していました。


それと
ここのライブの定番としましては
オープニングのあとに
司会担当の代表の方が、用意周到
事前に考えた小ネタ満載で私達出演者を一人ずつ紹介するコーナーがあるのですが
これにより私は
ダイビングやってたことや、自身の好きな言葉
はたまた千葉ロッテマリーンズの大ファンとか
夏の甲子園が大好きとか
数々のプライベートを
思いがけず見事会場中に晒された直後に
真摯にソロを踊るという 笑
時として
やや罰ゲーム的な流れにもなりうるこの伝統的なコーナー 笑
でもこのためにいろいろ自身のホームページとかチェックして時間を割いて考えてくれたと思うと
やはり有り難い限りです。


だから
きっとこの文章も
スペイン語研究会の誰か一人にでも届くことを願って



改めて
じゃまきさん
法政大学スペイン語研究会の皆さん
先日は大変おつかれさまでした、心からありがとうございました!
今後のさらなる発展を願って



DSC_1182.JPG

頂いたTシャツと(^o^)
スペケン!

posted by noviadenobita at 18:58| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: